葉酸サプリで体調管理!

厚生労働省がお勧めしている葉酸サプリは、モノグルタミン酸型のサプリメントです。
葉酸サプリには2タイプあり、モノグルタミン酸型の方が効率よく葉酸を摂取できることからお勧めされています。
やはり厚生労働省が葉酸サプリをお勧めするくらいですから、妊婦には葉酸ってすごく大事なものなんですね。
妊娠中、私は葉酸サプリメント以外に、よく飲んでいたのがミネラルです。
妊娠してから、栄養分を胎児に回されてしまったせいか、突然疲れが出てくると、瞼の痙攣が止まらなくなってしまったのです。
瞼の痙攣って、少し休めば治るかなって思っていたんですが、自分の意志ではどうにもできないくらい、痙攣が止まらなくなることがあって、すごく心配になってしまいました。
「これでは危ない!」と思って、ミネラルのサプリメントをドラッグストアの薬剤師さんにおススメされて飲んでみましたが、やっぱり数日は痙攣が止まりませんでした。
でも、1週間くらいすると、何もなかったように、瞼の痙攣が止まったので、本当に良かったと思いました。
妊娠中は色々な体の不調が出てきますので、やっぱりその時に心配になったら、街中の薬剤師がいる薬局などに相談してみると、良いサプリメントを教えてくれるので便利ですね。

 

1日に必要な葉酸サプリの摂取量とは?

葉酸サプリメントは厚生労働省もお勧めしているので、1日に必要な400μgをしっかり摂取したいものです。
厚生労働省が推奨している以上の葉酸サプリメントの過剰な摂取は副作用の危険性を高めてしまうのでやめましょう。
妊娠中は、とにかく健康に、安全に過ごすことだけを考えていました。
お腹の子供に何かがあったら、本当にどうしようと毎日心配でした。
妊娠中って、あれこれ考えていると、それだけナーバスになってしまう人もいますね。
なので私は、良くないことを考えそうになってしまった時には、子供の名前を考えたりして、暗くならないようにしていました。
やはり子供の名づけは楽しいですからね。
育児の将来の不安を考えているよりも、楽しい気持ちで名づけをしている方が、精神的にすごく良いと思います。
特に旦那さんが仕事で忙しくて、夫婦の会話が減っているケースなどは、奥さんがメンタルで凹みやすいので、すごく注意が必要だと思います。
男性の「仕事が忙しい」っていうのは、最もなのですが、やっぱり奥さんの妊娠中の悩みに相談にのることも、夫として必要なことだと思います。
毎日でなくていいから、たまにはしっかり奥さんと向き合って話をする時間が必要ですね。

 

葉酸サプリメントで貧血解決!

葉酸サプリメントは貧血を起こしやすい人におすすめです。
葉酸サプリメントには造血効果があるので、大人から子供まで全員におすすめすることができます。
貧血って、採血の検査の時なんかにもすごく体調が悪くなったりしますので、結構深刻な症状なんですよね。
私は産後の採血でかなりクラッときましたが、それ以外ではあんまり貧血には悩まされることはなかったので、あんまり貧血体質ではないんだろうなって思いました。
やはり血を増やすためには、妊娠やレバーなんかも良いですね。
私は昔からレバーが大好きで、よく食べていたので、それほど貧血にはならないのかなって思いました。
レバー嫌いな人は多いので、そういう人はサプリメントで鉄分とかも補給するといいですね。
葉酸サプリメントには、鉄分も含んでいるものがありますから、貧血が気になっている人は、やっぱり葉酸以外にも貧血予防できそうな鉄分とかをしっかり補給するのが大事だと思います。
サプリメントって、一種類で摂取するよりも、マルチサプリメントで、相乗効果を期待する方が効果が出やすいっていいますよね。
葉酸サプリメントだけを飲んでいても、それほど貧血が改善されない場合は、他のサプリメントと一緒に試してみると良いですね。